読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

九州歴史科学研究会HP

九州歴史科学研究会は、現代社会の諸問題に目を向けつつ歴史学の科学的発展に寄与することを目的として1971年7月に創立された学術団体です。年に5・6回程度の例会(研究報告、シンポジウム、書評会など)を開催するとともに、雑誌『九州歴史科学』を年一回発行しています。 歴史研究者のみならず、周辺諸学の研究者や教員・学生・市民を交参加者それぞれの視点から専門を超えた学際的議論が交わされる点が特徴です。 皆様のご参加をお待ちしております。連絡先:kyurekiken☆gmail.com(☆を@に変更)

2012年度の例会

過去の例会

2013年2月例会

◇2013年2月23日(土)14時~17時30分ごろ

◇会場:西南学院大学学術研究所大会議室

◇テーマ「民主主義を問い直す」

報告
  田村哲樹名古屋大学
   「熟議民主主義は自由民主主義的か?――熟議システム概念の射程」

コメンテイター
  白川 俊介(日本学術振興会特別研究員)
  藤村 一郎(福岡大学

 

2012年12月例会

〔共催〕政治経済学・経済史学会 福祉社会研究フォーラム

◇2012年12月22日(土)14時~17時30分ごろ

◇会場:西南学院大学学術研究所大会議室

◇福祉社会の歴史的基盤―社会的連帯と自由―

報告
高田 実(下関市立大学
 「社会サービス全国協議会の成立とボランタリ・アクション―福祉の複合体の有機化をめぐって」

江里口 拓(西南学院大学
 「L.T.ホブハウスの福祉政策論とリベラリズム:19世紀末イギリスの社会改良思想の一断面」

コメンテイター
北垣 徹(西南学院大学

 

 

2012年10月例会

◇2012年10月20日(土)14時~17時30分ごろ

◇会場:西南学院大学学術研究所大会議室

◇若手報告会

野田 真衣(福大・院)
 「19世紀ドイツにおける国民国家形成とルドルフ・フィルヒョウ」

西 貴倫(福工大短大・非)
 「イタリア・ナショナリスト協会組織の形成と発展」

 

 

2012年6月例会

◇2012年6月9日(土)14時~17時30分ごろ

◇会場:福岡大学8号館816教室

◇特別企画 作家・森崎和江さんと語る

 インタビュアー:松塚俊三(福岡大学)、広瀬貞三(福岡大学)、久保知里(福岡大学・院
 司会:宮本なつき

 

 

2012年4月例会

◇2012年4月14日(土)14時~17時30分ごろ

◇会場:西南学院大学学術研究所大会議室

◇テーマ:若手報告会

加藤絢子(九州大学・院)
「日本統治下の樺太先住民―戦前・戦後における法的地位の変遷―」

松隈達也(久留米大学・非)
「紳士の国のコピー文化―18世紀末から19世紀前半イギリスのデザイン著作権

広告を非表示にする