読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

九州歴史科学研究会HP

九州歴史科学研究会は、現代社会の諸問題に目を向けつつ歴史学の科学的発展に寄与することを目的として1971年7月に創立された学術団体です。年に5・6回程度の例会(研究報告、シンポジウム、書評会など)を開催するとともに、雑誌『九州歴史科学』を年一回発行しています。 歴史研究者のみならず、周辺諸学の研究者や教員・学生・市民を交参加者それぞれの視点から専門を超えた学際的議論が交わされる点が特徴です。 皆様のご参加をお待ちしております。連絡先:kyurekiken☆gmail.com(☆を@に変更)

◆九州歴史科学研究会12月例会のおしらせ

九州歴史科学研究会12月例会のおしらせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━━━━

 
書評会「今井宏昌『暴力の経験史――第一次世界大戦後ドイツの義勇軍経験
1918~1923』(法律文化社、2016年5月刊)を読む。」

期日:2016年12月17日(土)14時~17時
場所:西南学院大学学術研究所第3会議室

1.本書について…今井宏昌(日本学術振興会特別研究員) 20~30分
2.ドイツ史から…熊野直樹(九州大学) 30~40分
3.日本史から…三ツ松誠(佐賀大学) 30~40分
4.討論(著者応答、のちフロアからの質問) 60分

 
※当日の12:00より運営委員会を開催します。
関係者は出席して下さい。議題は例会計画等です。
※12月例会の懇親会は忘年会も兼ねております。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━━━━
◆今後の例会の予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━━━━
   次回の例会は若手報告会、4月例会はジェンダー特集、6月例会は
  明治維新150周年記念シンポジウムを予定しております。
       日程など詳細が決まり次第連絡させていただきます。
  九州歴史科学研究会では、今後も専攻の垣根にとらわれない例会を 目指
 していきます。
 

 

広告を非表示にする