九州歴史科学研究会HP

九州歴史科学研究会は、現代社会の諸問題に目を向けつつ歴史学の科学的発展に寄与することを目的として1971年7月に創立された学術団体です。年に5・6回程度の例会(研究報告、シンポジウム、書評会など)を開催するとともに、雑誌『九州歴史科学』を年一回発行しています。 歴史研究者のみならず、周辺諸学の研究者や教員・学生・市民を交参加者それぞれの視点から専門を超えた学際的議論が交わされる点が特徴です。 皆様のご参加をお待ちしております。連絡先:kyurekiken☆gmail.com(☆を@に変更)

九州歴史科学研究会12月例会のお知らせ

九州歴史科学研究会では、12月3日に福大で例会を開催します。今回のテーマは日朝(日韓)関係史です。参加費無料です。ぜひご参加ください。ハイブリッドでも開催します。日時:12月3日(土)、14:00~場所:福大A202報告者:田中美佳(九州大学)「近代朝…

漁業史・環境史ワークショップのお知らせ

久留米大学経済学部西洋経済史研究室 2022 年度漁業史・環境史研究ワークショップ 日時:2022年 11月 26日(土)13時00分〜17時00分 開催場所:久留米大学福岡サテライト(福岡市中央区天神1丁目4-2 東館エルガーラ 6F)での対面開催、およびZoomでのオンラ…

◆九州歴史科学研究会10月例会のおしらせ

◆九州歴史科学研究会10月例会のおしらせ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 九州歴史科学研究会例会(東欧史研究会、九州西洋史学会との共催) 今回の例会は、東欧史研究会・九州西洋史学会との共催による、林忠行氏『チェコスロヴァキア軍団―ある義勇軍をめぐ…

◆九州歴史科学研究会9月例会のおしらせ

◆九州歴史科学研究会9月例会のおしらせ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 公開シンポジウム・九州歴史科学研究会2022年9月例会 「中・東欧史から世界史を考える:「王のいる共和政」からポスト社会主義へ」 【日時・会場】 日時:2022年9月3日(土)13時00分…

◆九州歴史科学研究会6月例会のおしらせ

◆九州歴史科学研究会6月例会のおしらせ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 今回は≪経済史特集≫とでもいうべき例会です。また、初のハイブリッド開催の試みとなります。慣れない中での不手際などあるかもしれませんが、何卒ご容赦いただけますようにお願い申し…

九州歴史科学研究会4月例会について

日程:2022年4月30日(土)14時00分〜17時30分開催予定の例会は全面オンライン開催となりました。

『九州歴史科学』第49号

研究動向・展望 アルプス地域~南ドイツにおける移動と技術移転 ーピルグラム・マールぺックの事例からー 渡邉 裕一(1) 史料紹介 佐藤信淵『九州紀行』と古川古松軒『西遊雑記』 ~筑後国について~ 重松 正道(14) 書評 長谷川貴彦 編『エゴ・ドキュ…

◆九州歴史科学研究会4月例会のおしらせ

※九州西洋史学会との共催 日程:2022年4月30日(土)14時00分〜17時30分 会場:九州大学西新プラザ大会議室(http://nishijinplaza.kyushu-u.ac.jp/access.html) およびZoomオンラインのハイブリッド ※ ハイブリッドでの開催が可能かどうかは、福岡県内の感…

九州歴史科学研究会よりの声明文

九州歴史科学研究会 プーチン・ロシア大統領により決定されたウクライナ侵略を非難し、ウクライナの人びととの連帯を表明する声明 九州歴史科学研究会は、プーチン・ロシア大統領により決定されたウクライナ侵略を強く非難します。ロシア現政権によって着手…

◆九州歴史科学研究会3月例会のおしらせ

◆九州歴史科学研究会3月例会のおしらせ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2022年3月12日(土曜)14時~オンライン開催(web) <若手特集>■仮題目林 孝洋「リソルジメントと「亡命者の社会史」に関する試論:現実空間での生活から「思想」について考える」坂…

九州歴史科学研究会共催シンポジウムのお知らせ

シンポジウム「情報管理組織のミッションと専門職養成」開催のご案内 このたび、九州大学大学院統合新領域学府ライブラリーサイエンス専攻では、関連組織や団体、共同研究グループの共催、協力をえて、「情報管理組織のミッションと専門職養成」と題するシン…

◆九州歴史科学研究会12月例会のおしらせ

◆九州歴史科学研究会12月例会のおしらせ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 日時:12月5日(日)14:00-17:00 zoom開催 ※東洋史学研究会との合同開催 特集 岩波新書『シリーズ中国の歴史』を自ら語る ①丸橋充拓「『②江南の発展 南宋まで』について」 ②古松崇志…

◇九州歴史科学研究会10月例会

九州歴史科学研究会10月例会 合評会:熊野直樹『麻薬の世紀:ドイツと東アジア 一八九八-一九五〇』(東京大学出版会、2020年) 日時:2021年10月23日(土)14時00分~17時30分 開催:Zoomを用いたオンライン開催 熊野直樹(九州大学)「自著を語る」 井竿富…

九州歴史科学研究会6月例会のお知らせ

2021年6月5日(土)14時00分〜17時30分ごろ報告1: 岡本 託(佐賀大学)「近代フランス外交官制度における幕末期日本 ―幕末期の日本に赴任したフランス人外交官の背景 をめぐって―」 報告2: 福元健之(福岡大学)「ポーランド知識人・専門職・「地方」」 *参…

雑誌『九州歴史科学』第48号(2020.12)

論文 植民地期朝鮮における崔南善の単行本出版とその編集方針 田中 美佳(1) 書評 井本三夫著 『米騒動という大正デモクラシーの市民戦線』 井竿 富雄(38) 板橋拓巳/妹尾哲志 編著 『歴史のなかのドイツ外交』 星乃 治彦(46) 菅豊/北條勝貴 編著…

◆九州歴史科学研究会4月例会のおしらせ

◆九州歴史科学研究会4月例会のおしらせ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 日程:2021年4月17日(土)13時30分〜17時 オンライン開催(下記の【参加登録】をご参照ください。) シンポジウム「遠隔から考え直す歴史教育実践」 報告: ①池上大祐「オンデマンド型…

◆九州歴史科学研究会3月例会のおしらせ

◆九州歴史科学研究会3月例会のおしらせ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ テーマ:「日本中世・近世史特集」(ZOOM開催 2021年3月20日(土・祝)14時~) 山田貴司(福岡大学)「近世・近代における細川ガラシャの歴史的イメージとその変容」 宮野…

◆九州歴史科学研究会11月例会のおしらせ

◆九州歴史科学研究会11月例会のおしらせ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ テーマ:日本近代経営史特集 日時:11月14日(土) 14:00から ※13時から運営委員会 場所:福岡大学 816号教室(8号館1階) 報告者:三科仁伸(下関市立大学) 「戦前期日本のミドル…

『九州歴史科学』48号ご投稿のお願い

***** 会員の皆様 『九州歴史科学』編集委員会より、次号(48号)掲載の論文・研究ノートの募集についてお知らせいたします。 このたび、新型コロナ感染症拡大の影響をうけまして、論文・研究ノートその他の投稿時期を延期することを決定いたしました。…

<九歴研>よりのご案内:日本国政府の水際​対策の一部の見直しを願う陳情活動について

皆様、こんにちは。福岡在住のクラーマー・スベンと申します。この度は私人として始めた陳情活動・署名運動をご案内しますので、所属や職位などを割愛させていただきます。何卒ご了承お願い申し上げます。ただいま世界各国は新型コロナウイルス感染症拡大対…

九州歴史科学研究会6月例会延期のお知らせ

このたび新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、九州歴史科学研究会では6月例会の延期を決定する運びとなりましたので、お知らせいたします。 再開日は決まり次第、ご連絡いたします。 6月例会の報告予定者は以下の通りでございます。 三科仁伸(下関市…

『九州歴史科学』47号 2019.12

論文 原爆投下後における浦上の復興と地域社会の変容 -互助組織「講内」の活動に着目してー 四條 知恵(1) 研究ノート ナチ占領下フランスにおける対独軍事協力 ー義勇軍組織「三色旗団」を中心にー 坂本 準人(28) ブーヘンヴァルト強制収容所と「反…

◆九州歴史科学研究会2月例会のおしらせ

◆九州歴史科学研究会2月例会のおしらせ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 九州歴史科学研究会2月例会のご案内合評会:足立孝『辺境の生成―征服=入植運動・封建制・商業―』(名古屋大学出版会、2019年)日時:2020年2月22日(土) 13時~17時半場所:福岡大…

◆九州歴史科学研究会1月例会のおしらせ

◆九州歴史科学研究会1月例会のおしらせ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 公開シンポジウム・九州歴史科学研究会2020年1月例会 「地域の中に世界を読む ―第一次世界大戦期日本におけるドイツ・オーストリア=ハンガリー兵俘虜―」 日時:2020年1月25日(土)1…

◆九州歴史科学研究会12月例会のおしらせ

テーマ:東洋における「宦官」の諸相 会場:西南学院大学学術研究所大会議室 日時:2019年12月7日(土)14時~ 共催:東洋史学研究会 報告者 辻大地(九州大学・院) :「初期イスラーム社会の規範と去勢者」 猪原達生(大阪大学・院) :「唐代宦官の家…

◆九州歴史科学研究会10月例会のおしらせ

◆九州歴史科学研究会10月例会のおしらせ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ テーマ:中国現代史研究の最前線から 「グローバル・ヒストリー」を考える。 会場:西南学院大学学術研究所大会議室 日時:2019年10月26日(土)14時~ 報告者 大澤武司(福岡大学)…

九州歴史科学研究会からのご案内:シンポジウムのお知らせ

公益財団法人 鹿島学術振興財団助成事業 協力 長崎市長崎学研究所 シンポジウム『長崎口』の形成 -15~19世紀の長崎から見た日本列島の国家形成と対外関係―◆日時 2019年 6月 29日 (土)10:30~ 17:30 ◆会場 長崎歴史文化博物館 1階ホール 長崎県長崎市立山1-1…

九州歴史科学研究会からのお知らせ:歴史文化講座のご案内

九州の海と島々の歴史(歴史文化の公開講座) 日時 令和元年6月8日(土曜日) 午前10時~午後4時20分 会場 柳川総合保健福祉センター「水の郷」 水の郷ホール (柳川市上宮永町6‐3) 参加費 無料 (ただし資料代1,000円) プログラム <発表> 「海洋族安曇…

◆九州歴史科学研究会6月例会のおしらせ

◆九州歴史科学研究会6月例会のおしらせ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 九州歴史科学研究会6月例会・シンポジウム 「「大戦後」を考える―ヴェルサイユ条約調印100周年の地平から―」 日時:2019年6月15日(土)13時〜場所:西南学院大学学術研究所大会議室 1…

九州歴史科学研究会4月例会のお知らせ

今回は、九州西洋史学会、科研共同研究「資料と公共性」との共催で、「公共歴史学、公共考古学の射程」をテーマとするシンポジウムを開催いたします。 歴史学、人文学、ひいては学問が社会において持つ意義、役割がいま広く問われています。啓蒙的立ち位置を…