九州歴史科学研究会HP

九州歴史科学研究会は、現代社会の諸問題に目を向けつつ歴史学の科学的発展に寄与することを目的として1971年7月に創立された学術団体です。年に5・6回程度の例会(研究報告、シンポジウム、書評会など)を開催するとともに、雑誌『九州歴史科学』を年一回発行しています。 歴史研究者のみならず、周辺諸学の研究者や教員・学生・市民を交参加者それぞれの視点から専門を超えた学際的議論が交わされる点が特徴です。 皆様のご参加をお待ちしております。連絡先:kyurekiken☆gmail.com(☆を@に変更)

九州歴史科学研究会2月例会のお知らせ

九州歴史科学研究会では、218日に福大で例会を開催します。

今回は気鋭の若手による報告二本立てです。参加費無料です。

ぜひご参加ください。引き続き、ハイブリッドでも開催します。

日時:218日(土)、1400

場所:福岡大学 A202

報告者:

高橋毅(九州大学・院)

1740年代ブリテン帝国における戦争と王立海軍

マサチューセッツ植民地の船乗りベンジャミン・バングスの日記を中心にー」

オスマン帝国史研究における「宗派化」を巡る諸問題」

*ハイブリッド参加者希望者は以下のアドレスにご連絡ください。

参加アドレスをお送りします。

kyurekiken@gmail.com

               九州歴史科学研究会

                      事務局長 森 丈夫

九州歴史科学研究会12月例会のお知らせ

 九州歴史科学研究会では、12月3日に福大で例会を開催します。今
回のテーマは日朝(日韓)関係史です。参加費無料です。ぜひご参
加ください。ハイブリッドでも開催します。
日時:12月3日(土)、14:00~
場所:福大A202
報告者:
田中美佳(九州大学
「近代朝鮮における啓蒙雑誌の成立と日本」
緒方義広(福岡大学
「李承晩政府による在日同胞国民統合政策」
*ハイブリッド参加者希望者は以下のアドレスにご連絡ください。
参加アドレスをお送りします。
kyurekiken@gmail.com
                  九州歴史科学研究会
                  事務局長 森 丈夫

漁業史・環境史ワークショップのお知らせ

久留米大学経済学部西洋経済史研究室 2022 年度漁業史・環境史研究ワークショップ
 
日時:2022年 11月 26日(土)13時00分〜17時00分
開催場所:久留米大学福岡サテライト(福岡市中央区天神1丁目4-2 東館エルガーラ 6F)での対面開催、およびZoomでのオンライン開催
 
プログラム:
・佐藤良聖(東京大学大学院・日本学術振興会) 「戦間期東アジアにおける漁業と海洋観測――関東庁水産試験場の海洋調査事業を中心に――」 
・高垣里衣(新潟大学) 「漁獲から貿易へ ー近世スペイン・バスク捕鯨と漁業ー」
・齊藤豪大(久留米大学) 「18世紀スウェーデンにおける魚油の生産・廃棄問題(仮)」
 
参加登録:
ご参加を希望される方は、誠にお手数ですが、下記参加登録フォームにてご登録お願い申し上げます。