読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

九州歴史科学研究会HP

九州歴史科学研究会は、現代社会の諸問題に目を向けつつ歴史学の科学的発展に寄与することを目的として1971年7月に創立された学術団体です。年に5・6回程度の例会(研究報告、シンポジウム、書評会など)を開催するとともに、雑誌『九州歴史科学』を年一回発行しています。 歴史研究者のみならず、周辺諸学の研究者や教員・学生・市民を交参加者それぞれの視点から専門を超えた学際的議論が交わされる点が特徴です。 皆様のご参加をお待ちしております。連絡先:kyurekiken☆gmail.com(☆を@に変更)

会員による執筆/編集/翻訳等の書籍紹介を行います。

会員著書の紹介

◆書籍紹介

会員による執筆(単著・共著)/編著/翻訳等の書籍について、随時紹介いたします。情報をお待ちしております。

 

◎2014年1月~2014年8月まで(発行順)

・星乃治彦『台頭するドイツ左翼―共同と自己変革の力で―』かもがわ出版、2014年1月。

台頭するドイツ左翼

台頭するドイツ左翼

 

 

 ・池上大祐『アメリカの太平洋戦略と国際信託統治―米国務省の戦後構想1942~1947―』法律文化社、2014年1月。

アメリカの太平洋戦略と国際信託統治: 米国務省の戦後構想1942~1947
 

 

・北村厚『ヴァイマル共和国のヨーロッパ統合構想ミネルヴァ書房、2014年4月。

 

・和田弘光編(森丈夫共著)『大学で学ぶアメリカ史ミネルヴァ書房、2014年4月。

大学で学ぶアメリカ史

大学で学ぶアメリカ史

 

 

高橋良輔大庭弘継編『国際政治のモラル・アポリア―戦争/平和と揺らぐ倫理』ナカニシヤ出版、2014年6月。

国際政治のモラル・アポリア ―戦争/平和と揺らぐ倫理

国際政治のモラル・アポリア ―戦争/平和と揺らぐ倫理

 

 

・高野信治『大名の相貌―時代性とイメージ化清文堂出版、2014年7月。

大名の相貌―時代性とイメージ化 (シリーズ士の系譜 1)

大名の相貌―時代性とイメージ化 (シリーズ士の系譜 1)

 

 

・M.レディガー(和田弘光/小島崇/森丈夫/笠井俊和訳)『海賊たちの黄金時代―アトランティック・ヒストリーの世界―』ミネルヴァ書房、2014年8月。

海賊たちの黄金時代: アトランティック・ヒストリーの世界 (MINERVA歴史・文化ライブラリー)

海賊たちの黄金時代: アトランティック・ヒストリーの世界 (MINERVA歴史・文化ライブラリー)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする