九州歴史科学研究会HP

九州歴史科学研究会は、現代社会の諸問題に目を向けつつ歴史学の科学的発展に寄与することを目的として1971年7月に創立された学術団体です。年に5・6回程度の例会(研究報告、シンポジウム、書評会など)を開催するとともに、雑誌『九州歴史科学』を年一回発行しています。 歴史研究者のみならず、周辺諸学の研究者や教員・学生・市民を交参加者それぞれの視点から専門を超えた学際的議論が交わされる点が特徴です。 皆様のご参加をお待ちしております。連絡先:kyurekiken☆gmail.com(☆を@に変更)

九州歴史科学研究会からのご案内:シンポジウムのお知らせ

公益財団法人 鹿島学術振興財団助成事業 協力 長崎市長崎学研究所
           シンポジウム
『長崎口』の形成 -15~19世紀の長崎から見た日本列島の国家形成と対外関係―
◆日時 2019年 6月 29日 (土)10:30~ 17:30
◆会場 長崎歴史文化博物館 1階ホール 長崎県長崎市立山1-1-1
10:30~11:10松方冬子(東京大学) 挨拶
同「 『海の道』 から 『口』 ヘー長崎を素材に一」
司 会:平岡隆二(京都 大 学 )
11:10~11:50橋本 雄(北海道 大 学 )「五島から寧波ヘー中世の大洋路一」
―昼休憩一
13:00~13:40織 田 毅 (シーボルト記念館)「長崎の通詞」
13:40~14:20村尾 進 (天理大学)「『広東体制』 ―『長崎口』 との比較・連関一」
14:40~ 15:20吉村雅美 (日本女子大学 ) 「貿易の記憶と記録一平戸から見た長崎・五島一」
15:20~16:00海原 亮 (住友史料館)「長崎に鋼を送る一大坂からみた長崎―… 」
16:20~17:30総合討論
◆聴講無料/予約不要 ◆問合せ先: 松方冬子 メールアド レ ス:fuyuko@hi.u‐tokyo.ac.jp

九州歴史科学研究会からのお知らせ:歴史文化講座のご案内

九州の海と島々の歴史(歴史文化の公開講座

日時

令和元年6月8日(土曜日) 

午前10時~午後4時20分

 

会場

柳川総合保健福祉センター「水の郷」 水の郷ホール

柳川市上宮永町6‐3)

 

参加費

無料

(ただし資料代1,000円)

プログラム

<発表>

  • 「海洋族安曇氏と風浪宮の歴史」風浪宮宮司 安曇史久
  • 景行天皇巡幸説話による粟岬(大牟田市黒崎)をめぐって」福岡女学院大学講師 清原倫子
  • 「見えてきた慶長豊後地震の姿ー瓜生島伝説の背景としてー」別府大学講師 平井義人
  • 「日本列島を2分割した世界条約ーサラゴサ条約とその後の日本ー」元福岡女学院大学講師 半田隆夫
  • 「日出藩木下氏の参勤交代ー瀬戸内海航路を中心としてー」九州大学名誉教授 丸山雍成

<アトラクション>

「歌の調べ」(白秋の歌ほか)

ソプラノ歌手:古賀理紗

ピアニスト:長野恵理

◆九州歴史科学研究会6月例会のおしらせ


◆九州歴史科学研究会6月例会のおしらせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
九州歴史科学研究会6月例会・シンポジウム
「「大戦後」を考える―ヴェルサイユ条約調印100周年の地平から―」
日時:2019年6月15日(土)13時〜
場所:西南学院大学学術研究所大会議室

 13時00分〜13時10分
  趣旨説明(今井)

 13時10分〜14時30分 
  基調報告:村上 亮(福山大学
1920年オーストリアにおける世界大戦をめぐる開戦責任論争―元ロシア外務大臣セルゲイ・サゾーノフの回顧録をめぐって―」

 14時30分〜14時45分 
  休憩

 14時45分〜17時30分 
  合評会:「小関隆『アイルランド革命 1913-23―第一次世界大戦と二つの国家の誕生 
                    ―』 (岩波書店、2018年)をめぐって」
   小関 隆(京都大学)「自著を語る」(30分)
   松塚俊三(福岡大学名誉教授)コメント1「イギリス史の立場から」(20分)
   小野容照(九州大学)コメント2「朝鮮史からみたアイルランド革命」(20分)
   今井宏昌(九州大学)コメント3「ドイツ史からみたアイルランド革命」(20分)
   休憩(15分)
   リプライと討論(60分)

 18時〜
  懇親会 炙りダイニング奏宴(福岡市早良区 西新5-1-12)
  https://www.hotpepper.jp/strJ000725421/

 主催:九州歴史科学研究会
 後援:日本学術振興会科学研究費補助金若手研究「戦間期ドイツにおける義勇軍経験と反ファシズムの主体形成:暴力のヨーロッパ史再考」(代表・今井宏昌)
 
 
※当日の運営委員会は11時~となっております。運営委員の方はご注意下さい